Press "Enter" to skip to content

単身赴任は楽なの?家族との関係はどうなる?

独身時代のように生活ができる

学生時代に一人暮らしをし、結婚するまで一人で生活をする人はいるでしょう。その後結婚をしてからは夫婦、家族で生活をします。楽しい我が家で生活をするものの、すべてが自由なわけではありません。自分の好きなように生活したいと思う人もいるはずです。単身赴任であれば、独身生活のように生活ができます。一人での生活なので、炊事や洗濯、掃除などを自分でする必要があります。その代り、テレビなどで子供とチャンネル争いをする必要はなく、お風呂やトイレも自分の好きなタイミング利用できます。寝るときも自分一人で寝られるので、相手に気を遣う必要はありません。ずっと一人の生活は寂しいですが、一時的に一人の自由さを満喫できます。

家族とのコミュニケーションは行う

子どもがいるとき、自分の転勤で引越しをするのが良くないケースがあります。小学生ぐらいならまだよいですが、中学や高校となると勉強に支障が出る可能性があります。子供のために、そのまま家族は住む選択を取ります。おのずと単身赴任での転勤をしなくてはいけなくなります。家に残るなら、子供と常にコミュニケーションができるので、変化などにも気づきやすいです。しかし、単身赴任をしている側は、変化している様子がわかりません。たまに帰ったとき、異変に気付かないためにぎくしゃくしてしまう可能性があります。それを防ぐためにも、密にコミュニケーションを取るようにしましょう。メールであったり、ウェブを使ったテレビ電話などをうまく使うと良いでしょう。

単身赴任ではマンスリーマンションを利用することが多くあります。マンスリーマンションでは家具や家具が備え付けられていることが多いので、単身赴任の家具は備え付けの家具が余計な出費も必要無く安心です。