Press "Enter" to skip to content

どう作ればいいの?気になる結婚式の席次表の作り方

結婚式の席次表の役目とは

結婚式の席次表は、席の場所がどこか示すためだけのものではありません。ゲストの紹介や新居の案内、お礼のあいさつ、新郎新婦のプロフィールなどを記載するものです。披露宴が始まる前や新郎新婦がお色直しで退席している間など、お二人らしい個性的な席次表があれば楽しく待っていてもらうことができます。プロフィール部分には写真を入れたりQ&A方式にしたりと、オリジナルにアレンジできます。お料理の説明も、よりおいしく楽しんでもらうための重要な要素となります。新郎新婦のコメントつきだとなお効果的です。

席順の決め方のルールとは?

新郎新婦が座る高砂席は上座に当たります。家族は高砂席から最も遠い下座に座り、その中でもご両親は末席に座るという決まりがあります。高砂席に向かって左側が新郎側、右側が新婦側となります。主賓や上司などは上座に座っていただきます。披露宴が盛り上がって楽しく過ごせるかどうかは席次にかかっています。誰と誰をお隣にするか、誰をどのテーブルにするかなどを考慮し、バランス良く配置する必要があります。

席次表もDIYでオリジナルウェディング

結婚式場にお願いすることもできる席次表ですが、こだわりのある方や手作りしたい方はインターネットの手作りキットを利用するという方法もあります。テンプレートを使って簡単に作成することもできますし、オリジナルの席次表も作れます。手作りなので、急な変更があっても自分で印刷し直すことができ、費用も安く済みます。印刷する前に作成したデータを式場のプランナーさんに確認してもらうと安心です。

結婚式の席次表を作成するときには、招待客の人数や式場側のスタッフとのコミュニケーションの取り方に注目をすることが大事です。