Press "Enter" to skip to content

これで完璧!子供の集合写真の撮影と保管のポイント

全員が笑顔の写真を目指す

子どもの写真の中でも集合写真といえば学校行事やイベントごとなどの機会でないと撮影することが少ない特別な写真です。せっかくの集合写真に変な顔で写ってしまうことがないように工夫をすることで素晴らしい思い出に残る写真を撮ることができます。子供たちは興味が移りがちで集中力が持たないので短期間で息を合わせて撮影をすることが必要です。その際には子供たちが一斉に声を合わせて叫びやすいフレーズを撮影の合図にすることがおすすめです。目の前に見えているものに合わせてフレーズを決めるということもわかりやすいです。また、子供たちは写真を撮られているということを意識しすぎると緊張してしまう場合もあるため、できるだけカメラに集中するように促すのではなく自然な流れの中で撮影を行うことが上手に集合写真を撮影するポイントです。

保管場所に困りがちな集合写真

上手に集合写真を撮影することができたとしても、集合写真は通常の写真と比較するとサイズが大きいため保管場所に困ってしまうことがあります。現像してもらった時のビニールの袋に収納していると写真が折れて曲がってしまうことがあるので危険です。大切な子供の思い出にもなるので集合写真については専用の大型のアルバムを購入して保存しておくことがおすすめです。意外と子供の成長に合わせて集合写真を撮影する機会は増えていくので妥協せずにアルバムを購入してしまうほうが結果的にきれいに思い出を残すことができて便利なのです。

スクールフォトとは、特定のパスワードやアドレスを知っている者だけがアクセスできるサイトに写真を掲示し、気に入った写真をネット経由で購入できるようにしたサービスです。