Press "Enter" to skip to content

結婚後も使える!さまざまなシーンで活躍する婚約指輪

婚約指輪は必ず必要なの?

男性からの永遠の愛と結婚の約束を意味する美しい婚約指輪は女性の憧れですが、婚約する際には必ず必要なものなのでしょうか。ドラマなどではプロポーズをするときに決まって婚約指輪を用意しているシーンを見かけますが、現実には、60%のカップルしか婚約指輪を購入していません。ですが、実は結婚後も婚約指輪があると便利なシーンが数々あります。

結婚式やパーティなど、使えるシーンは意外とあります

婚約指輪というと定番は、指輪の真ん中に大きめのダイヤが一粒ついたものをイメージする方が多いと思いますが、最近では価値観が多様化しており、カップルによって思い思いのデザインの婚約指輪を購入しているようです。華やかなデザインの婚約指輪は、つける機会があまりないのでもったいないという考え方もありますが、友人や親戚の結婚式など、少し改まったパーティではつけているのといないのとで自信や気持ちの余裕が違ってきます。シンプルでまっすぐなデザインの婚約指輪ですと、どのようなファッションにもコーディネートしやすく飽きません。滑らかな曲線のウェーブのデザインですと、とてもエレガントで指先まで美しく見せてくれます。

普段使いできるデザインを選ぶ人も

特別な日のための婚約指輪を選ぶ方もいれば、毎日使えるリングにこだわる人もいます。引っ掛かりの少ないフラットなデザインだと、洋服に絡んだり、家事をするときに邪魔になったりしないので、ずっと着けていたい方に人気です。結婚指輪との重ねづけを意識してデザインを選ぶ方もいます。結婚指輪や婚約指輪によく使われるプラチナは、比較的柔らかい素材ですので、他の金属を混ぜて強度が高められた物のほうが日常的に使う場合は安心です。

婚約指輪とは婚約の証しとして男性から女性へ贈る指輪のことです。欧米から伝わり、日本では主にダイヤモンドが一般的です。