Press "Enter" to skip to content

知っておいて損はない給湯器を選ぶ時のコツ

給湯器の種類について

給湯器には大きく分けてガス給湯器、電気給湯器、石油給湯器の3つの種類があります。ガス給湯器は設置費用は安いがガスを使用するため光熱費がそこそこかかる、電気給湯器は光熱費はあまりかからないけど使用量に限りがある、石油給湯器は他と比べて火力は高いが石油を購入する必要がある、などそれぞれメリットとデメリットが異なっています。そして、お湯を暖める際の方式は大きく分けて瞬間式と貯湯式の2種類があります。 瞬間式は配管の中に水が流れた後、高熱のガスによって一瞬で水を暖める方式を取っており、貯湯式はあらかじめ貯水タンクにお湯が入っていてそこから必要に応じて供給する方式となっています。それぞれの特徴を把握して、給湯器を選びましょう。

給湯器を選ぶ時の注意点

給湯器を選ぶ時はお湯を使う量や回数に合わせて選ぶ事が重要です。例えば、電気給湯器は使える湯の量が決まっているけれど維持費が安いので一人暮らしの人間などに向いているでしょう。家族の人数が多い場合はお湯の消費量が多く、一人一人湯を使うタイミングが違うため使用制限もなくすぐに使えるガス給湯器がおすすめです。住んでいる場所が一軒家か集合住宅かによっても変わってくるでしょう。集合住宅の場合は一軒家と違って設置条件が定められている所が多いのであらかじめ確認しておく必要があります。また、家庭で使われているエネルギーの消費量は給湯によるものが3分の1近くを占めています。給湯器を選ぶ時はコスト面も選ぶ際の大きな基準となってくるでしょう。

給湯器の相模原の業者が選ばれる理由として、見積もり額をすぐに提示してくれることや、実績が豊富にあることがあります。