Press "Enter" to skip to content

3ヶ月分は高すぎ!?みんなが買ってる結婚指輪の価格

結婚指輪のお値段はいくら位がいいの?

何十年か前は「指輪は給料3ヶ月分」というキャッチコピーが有名になり、世間の人たちが購入する結婚指輪は3ヶ月分の給料を反映していると考えられていました。そんなバブリーな時代はもう昔の話です。最近では、3ヶ月分の給料を指輪に掛けるカップルは少なくなりました。自分たちの金銭感覚に合う指輪がベストとされています。とはいえ、結婚指輪は一生に一度のお買い物なので、値段に惹かれて購入するよりは、デザインやブランドの価値を重視した方が良いでしょう。有名海外ブランドの指輪なら、20万から30万円の価格帯のものを選ぶカップルが多いです。女性の指輪にはダイヤモンドを付けるケースもちらほら。ダイヤモンドが付けば、更に価格が上がります。

プラチナとダイヤモンド

ファッションで楽しむ指輪は、シルバーや10金、18金の金属を使い、宝石にはガラスやルビー、サファイアを用いることが多いです。それと比較すると結婚指輪は、プラチナを使用するのが大半です。プラチナには品質のレベルがあり、プラチナ900かプラチナ950が指輪に適しています。プラチナ950は貴重なので高額です。女性の指輪にダイヤモンドを付ける場合、ダイヤモンドの品質でも価格が左右されます。ダイヤモンドの品質は4Cという評価軸で評価され、全ての項目でエクセレント評価をされたダイヤモンドは貴重です。結婚指輪は日常的に身に付ける指輪なので、大きなダイヤモンドは避ける傾向にあります。でも、一生に一度のお買い物のため、できるだけ品質の良いダイヤモンドを選びたいものです。

結婚指輪の人気ブランドは品質が良く、何十年も使用することが可能です。デザインも洗練されているものが多いです。